鼻水吸引器とはどのようなものなのか

鼻水吸引器は、乳児や幼児など自力で鼻をかむことができない場合に使用するホームケアグッズです。鼻水がたまっていると呼吸しづらい為に眠りが浅くなったり、鼻づまりで息苦しくなったりしてしまうことがあります。病院でも吸引してもらうこともできますが、鼻水が出るたびに病院を受診するのは現実的ではありません。自宅でケアしてあげることが大切です。放っておくと副鼻腔炎や中耳炎など、ウイルスの繁殖により症状が悪化してしまう可能性もあります。症状が改善しない場合や悪化した場合には自己判断せずに耳鼻科や小児科を受診しましょう。吸引器は種類にもよりますが、乳児から使用できるものもあります。ドラッグストアやベビー用品店、インターネットでも購入することが可能です。

鼻水吸引器の種類と使用方法は?初めてでもできる?

吸引器の種類は代表的なもので3つあります。安価で手軽に使用できるのが「スポイトタイプ」です。手動のため吸引力はあまり強くなく、赤ちゃんの鼻を傷つけることもありません。しかし、鼻水の量が多かったり、粘着質の鼻水の場合には1回では吸いきれず何回も吸引する必要があります。比較的簡単に鼻水を吸引できると人気なのが「ストロータイプ」です。赤ちゃんの鼻の方にストローの端を入れ、もう一方を大人が口で吸います。吸引力も大人が調節できるので、鼻水の量も関係なく吸うことができます。コツをつかむのは簡単で、初めての方でもすぐに慣れ鼻水を吸引することが可能です。病院などにある「電動タイプ」にも簡易なもので家庭版があります。電動でできるので大変便利ですが、効果で大きさによっては場所を取ってしまうため、デメリットもあります。

吸引するベストなタイミングがある?

鼻水が出たらすぐに吸引してあげたくなりますが、吸引がスムーズにいかないと赤ちゃんに負担をかけてしまうこともあります。赤ちゃんにかける負担を減らすためには、鼻水をスムーズに吸引できるようにしてあげることが大切です。その方法とは鼻の通りをよくしてあげることです。例えば、お風呂上りや蒸しタオルで鼻の下にあてる方法です。自律神経の反射で鼻の通りがよくなるので、吸引時の赤ちゃんの負担が軽減されます。あとは、吸引するときの体勢も大事です。横に寝かせて鼻水吸引器を使用するよりも、頭の位置を少し高くしてあげると鼻の通りも良くなるので吸引しやすくなります。赤ちゃんによっては吸引を嫌がる赤ちゃんもいますので、なるべく負担をかけないように、スムーズに吸引できるようにすることが大切です。

赤ちゃんの体に優しいBPAフリー原料を採用しています。 メルシーポットなら自宅で簡単に鼻水吸引ができます。 楽天では送料無料、ポイント5倍となっております。 北は北海道から南は沖縄まで全国各地でご愛用されています。 洗いやすく、部品が少なく、デザインがおしゃれな商品です。 赤ちゃん本舗での販売もしておりますのでお気軽にお買い求めが可能です。 おすすめの鼻水吸引器はこちら