使い方を知っておきたい鼻水吸引器

鼻水吸引器というのは、赤ちゃんや幼児など、自分で鼻をかむことができない子供の鼻水を吸いとってあげることができる便利な器具です。一般的に、耳鼻科で吸引してもらうイメージが強いかもしれませんが、自宅でも簡単に吸引してあげることができますから、鼻が詰まって苦しそうにしている場合には、すぐに取り除いてあげることができます。鼻水の吸引器には、口で吸い取る手動タイプと、電動で吸い取るタイプがあります。手動タイプは、親が口で吸い取ってあげることができるので、手軽に準備することができ、価格も1000円程度で購入することができますから、一つは持っているという人も多いかもしれません。ただ、粘り気のある鼻水を吸いとるのは難しいため、そういった場合には、パワーのある電動タイプがおすすめです。

手動タイプの鼻水吸引器の使い方

赤ちゃんの鼻が詰まってしまった場合には、口呼吸だけになってしまうため、母乳を飲むのもままならず、苦しそうにしてしまいますから、何とかして鼻水をとってあげる方法を見つけてあげることが大切です。綿棒などでとる方法などもありますが、強くとりすぎると粘膜を傷つけてしまう危険性もありますから、十分注意が必要です。手動タイプの吸引器は、親が口で吸引することができるため、吸引を調整することができますから、さらさらの鼻水を吸引してあげる時には、大変有効な方法です。ただ、粘度の高い鼻水は吸引することが難しいため、お風呂上がりなどの湿り気のある時に吸引してあげるなどの工夫が必要となります。手動タイプは、手軽でどこでも手に入りますから、一度試してみるとよいでしょう。

電動鼻水吸引器のメリットと使い方

手動タイプとは違って、電動鼻水吸引器は、吸引力が高いため、粘度のある鼻水も簡単に吸い取ることができます。また、圧力も調整することができますから、赤ちゃんだけではなく、大人も利用することができるというメリットがあります。そのため、耳鼻科で鼻水を吸引してもらう回数も減らすことができますし、病院で他の病気を移されるリスクも軽減することができるというメリットもあります。ただ、据え置きタイプの電動吸引器は、高額になってしまうため、購入するのに躊躇してしまう人もいるかもしれません。そういった場合には、病院へ行く頻度やコストなどと比較して購入するかどうかを検討してみると良いでしょう。購入する場合には、吸引力だけではなく掃除を簡単に行えるかどうかもチェックすることをおすすめします。