鼻水吸引器を使うとこんな良い点があります

鼻を上手くかむことが出来ない赤ちゃんはもちろん、鼻づまりに悩まされている大人にもおすすめのアイテムが、鼻水吸引器です。使用することにより、鼻水を効率よく取り除くことが出来るというメリットがあります。しかし、一方で間違った使い方をすると、危険であったり、病気の治療が遅れてしまうということも指摘されています。そこで、使用する場合には、正しく使用するためにあらかじめしっかりと確認をすることをおすすめします。特に、粘膜が薄く、傷つきやすい赤ちゃんに使用するという場合には、正しい使用方法を知ってから使うようにしましょう。なお、鼻水吸引器には手動タイプと電動タイプがありますが、電動タイプのほうがしっかりと鼻水を吸い出し、取り除くことが出来ます。

正しい方法で使用することが大切

鼻水吸引器の大きなメリットとしては、鼻水を取り除くことが出来るということです。しかし、鼻水の状態によっては、上手く吸い出すことが出来ない可能性があります。そこで、使用する場合には、お風呂上がりに使用するようにしましょう。その理由としては、お風呂は湿度が高いため、鼻水にも水分が多く含まれている状態です。サラサラとした鼻水は、市販されている製品のパワーでもしっかりと吸い出すことが出来ます。体調によっては、お風呂に入ることが難しいという場合もあるでしょう。そのような時には、鼻に蒸しタオルを当て、鼻を温めるようにすると良いでしょう。ただし、鼻と同時に口を覆ってしまうと、息をすることが出来なくなってしまいますので、口にタオルがかからないように注意をしましょう。

上手く使うためのポイントについて

鼻水吸引器を使用する時には、ノズルを鼻に差し込むようにします。しかし、ただ単にノズルを鼻に差し込んだだけでは、上手く鼻水を吸うことが出来ない可能性があります。そこで、上手く鼻水を吸い出すことが出来ないような場合には、ノズルの角度を変えてみると良いでしょう。ただし、動かしすぎると、炎症を起こしてしまいますので、適度に動かすようにしましょう。ノズルを差し込んだ側の鼻の穴がノズルで塞がっている状態を作ることが大切です。ノズルにはいくつかの太さがありますので、鼻の穴の大きさにあった物を選ぶようにしましょう。正しく使用することで、鼻づまりの苦しさから解放されます。生後2ヶ月の赤ちゃんにも使用することが出来ますが、負担を掛けないようにパワーは控えめに設定しましょう。